お知らせ

重要なお知らせ

2021.02.19

「和楽奏伝×装束夢幻」 3月21日(日) Bunkamuraオーチャードホールにて開催決定!

この度、2021年3月21日(日)Bunkamuraオーチャードホールにて、

和楽器ライヴ+装束絵巻+ダンス「和楽奏伝×装束夢幻」を開催する運びとなりました。

詳しくは公演情報サイトへ https://www.iz2tokyo-shozoku.com/

 

<公演概要>
■公演タイトル:和楽器ライヴ+装束絵巻+ダンス 「和楽奏伝×装束夢幻」

 

 

■出演:西島数博 吉井盛悟 紫吹淳 愛加あゆ

 

■装束絵巻:生島翔 杉江大志 吉田れいな 水野花梨 鳥居留圭 北川瑛未 神下芽衣

 

■ダンス:風間無限 理土 松浦大翔 水島渓 樋笠理子 木原萌花 SNACK

 

■和楽器演奏:三浦元則 大塚惇平 山部泰嗣 辻勝 吉村靖弘 中井智弥 浅野祥 平田まりな 小池将也 他

 

■演出・芸術監督:西島数博

 

■演出・音楽監督:吉井盛悟

 

■構成・台本:高橋かづゆき

 

■装束・衣裳:井筒企画

 

■和楽器:宮本卯之助商店

 

■開催日時:2021 年3月21日(日)①12時開演 ②16時30分開演
※上演時間 約100 分(休憩あり)

 

■会場:Bunkamuraオーチャードホール

 

■チケット料金:S席10,000円 A席8,000円 Uー25チケット 4,000円(税込)
※U-25チケットは、公演日に満25歳以下を対象としたチケットです。
チケットぴあでの扱いのみ。来場時に年齢明記の写真付身分証の提示が必要となります。
※全席指定 / 未就学児入場不可

 

■主催:井筒/宮本卯之助商店/サンライズプロモーション東京
■企画制作:井筒東京/宮本卯之助商店
■制作協力:オズエンタテイメント
■企画:井筒與兵衛 宮本芳彦 高橋一仁

 

~芸能の担った役割は、人と人を結び、自然を敬い、調和をもたらすこと
衣服の担った役割は、人に安らぎと美しさを与え、こころを整えること~

 

本公演は、神代の始まりから奈良平安時代までを、芸能と衣服に焦点をあてながら進行するエンターテインメント舞台公演です。

 

出演者が身にまとう数十点の豪華絢爛な衣裳は単なる舞台衣裳ではなく、素材、技法、紋様など現代最高の技術で製作されています。

 

古来から受け継がれてきた装束とはどのようなものなのかを時代背景とともに解説、伝統楽器を使用する書下ろし曲の和楽器ライブ、更にコンテンポラリーダンスと、本物の装束と芸能との融合をご覧いただけるスペシャルな企画です。

 

主な出演者に、プリンシパルダンサーとして国際的に活躍し、映像・ミュージカル等にも出演、今回芸術監督も務める 西島数博。国内外のステージで日本の伝統的な和楽器の太鼓・篠笛・胡弓を演奏、作曲も手掛け、本公演の音楽監督で 和楽器奏者吉井盛悟。元宝塚歌劇団月組トップスターで現在は舞台・映像にとマルチに活躍中の紫吹淳が男装で登場。 そして、歌唱力表現力の評価が高い元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆは十二単などで華麗な姿を披露。 ダンサーも和楽器奏者も日本のトップクラスがそろいました。

 

豪華キャストでお贈りする日本音楽と煌びやかな本物の装束を、ダンスと共に未来に伝える夢幻の舞台にご期待ください!

詳しくは公演情報サイトへ https://www.iz2tokyo-shozoku.com/

和楽奏伝サイト https://www.warakusoden.com/