太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 太鼓・和太鼓 > アーティストインタビュー > 渡辺薫
アーティストインタビュー
渡辺薫 音楽家として成長するより、人間として成長したい
ページ01 ページ02
ミュージシャン渡辺薫として
──楽器ですが、薫さんご自身、現在は何をメインに演奏されているのでしょうか?

渡辺さん そうですね、今は笛、太鼓、フルートを同じぐらい演奏し、また教えています。

──これから挑戦してみたい楽器はありますか?

渡辺さん 最近はインドのバンスリも始めました。しかし、フルートのレッスンを未だに受けてますし、やはり、日本の音楽(祭囃子、雅楽、能、歌舞伎、などなど)をもっともっと勉強したいと思っています。

──様々な楽器を同時にやられて、混乱することはないのでしょうか?

渡辺さん ありますよ(笑)。
まぁ、でも出来るだけ、いろいろな音楽を勉強して、いろいろなものの影響を自分の中で練って、そうして出て来る音楽に自分の気持ちや感情を乗せて、自分なりの「芸」を創っています。このプロセスで自分を磨いているつもりです。
やはり最終的に音楽家として成長するより、人間として成長したいと思っています。
ヨーヨー・マが言っていたのですが、順番として「先ず自分は人間であり、次にミュージシャン、そして3番目はチェリスト」と。

──さて、2006年鼓童から独立され、ニューヨークを拠点にいろいろな音楽活動をされているわけですが、日本に残ろうとは思わなかったのでしょうか

渡辺さん 「鼓童の渡辺薫」という自分も好きだったのですが、「ジャズミュージシャンの渡辺薫」という自分も成長したかったです。いろな渡辺薫がいますから(笑)。ジャズといえば、ニューヨークです。ですから、日本にも住みたいという気持ちはありますが、今はニューヨークにいるべきだと思います。

──そのニューヨークで、渡辺薫太鼓センターという教室をされていますが、どのような生徒さんが多いのですか?

渡辺さん 生徒さんは様々な人集と国の人です。日本人、日系人、他のアジア人、ラテン系の人、白人、黒人などなど。いろいろな人がいますね。

──太鼓を教える時に何か大切にしていることはありますか?

渡辺さん そうですね、一つは太鼓というものが日本から来ているものですし、そこに表れる日本の文化を伝えることは大切にしてますね。なので例えば、教室は、「宜しくお願いします」から始めますし、曲の歴史や曲の文化的背景の話もよくしていますね。あと、口唱歌で曲を教えていますし、出来るだけ、日本から来るいろいろな先生をお招きする事もしています。例えば、この間は、一弦琴の峰岸一水先生のデモンストレーションを企画しました。
そして、逆に無理に押し付けるようなことをしていません。例えば僕のことを「先生」と呼ばせることもしないし、「先輩」、「後輩」というのも取り入れていません。中途半端にそういう事すると勘違いが起きたり、ちょっといろいろと可笑しくなったりしますからね(笑)。
そして「余韻:Resonance」
──2007年「余韻」第1回目が東京六本木のスーパーデラックスで行われるのですが、ここに至る経緯どのようなものだったのですか?

渡辺さん タップダンサーのタマンゴが日本にいる内に、「アース・セレブレーション」だけでなく何かやりたいと思ったのが始まりです。あとは鼓童の大きな舞台ではなく、もっとこじんまりとした場所で即興性が溢れるようなものをやりたかったですよね。

──「余韻」というタイトルがとても印象的なのですが、どなたが考えられたのですか?

D.H.ローゼンさん(「余韻」プロデューサー) 私たちがやろうとしていることを一言で表す言葉を探し、薫といろいろ音楽に関する言葉を出し合っていて、Resonanceになりました。これは形容詞になると、Resonateで、「波長が合う」、「バイブレーションが合う」という意味があります。「余韻」の会場には、いろいろな波長の人が集まると思うのですが、それがResonantするかしないか、というところでしょうか。

──リリースに、「言葉を超えた体験」ということが紹介されてましたが、それはResonateするということなのでしょうか?

D.H.ローゼンさん 私たちも第1回目のときは、「余韻」というタイトルはつけたけど、どうなるか全く分からなかった。それが実際やってみて、出演する側だけでなく、観に来る人たち、200人くらいいたのですが、この舞台が終わった後、その人たちにとっても、「今日はちょっと何かすごいことを目撃した!」「ここにいて何か得しました」というような空気が流れていた。その部屋がResonateで満たされていたんです。これでは1回限りでは終われない、ということになりました。出演者にわざわざ海外から来てもらわなくてはならないことなどあり、2回目までには少し間がありましたが。
また、第1回、第2回で異なるというだけでなく、これは公演ごとに違ったものになります。出演者も観に来る人たちも違いますし。

──一期一会と言いますか、1回限りの公演。これはとても貴重ですね。

渡辺さん ええ、だからこちら側も結構ドキドキしながらやっていますよ(笑)

D.H.ローゼンさん 本当に、観ている側も「えぇー、これ一体どうなっちゃうの!?」という場面などあって。ありきたりな表現ですが、舞台側と観客との境界線がないんです。この人たちが(観に)来たからこういう公演になった、というのがありますね。

──今回の「余韻」の見所も、また何が起こるか分からないというところにあるのかも知れませんね。

D.H.ローゼンさん とくに今回の東京のキャストは、とんでもない人たちですので(笑)。

渡辺さん 「余韻」の一つの大きな要素が舞台美術です。特にダニエルさんが作るオブジェや映像と柿沼浩二さんの書道、そういうものが他の出演者と関わる事が「余韻」の一つの見所です。今回の公演は佐渡、東京、京都でやりますが、各場の会場とそのオブジェとの関係がそれぞれ違いますし。

──最後に、薫さんご自身、これから力を入れていきたいこと、何か予定しているプロジェクトなどはありますか?

渡辺さん ひとつは、引き続き僕が今まで日本で学んだ事をアメリカに住んでいる人に伝える事です。自分の太鼓スクール以外でも今年の秋からプリンストン大学で太鼓を教える事になっていますし、アメリカだけでなく、カナダでもワークショップをしています。中南米の4カ国へ演奏旅行にも行く予定もあります。
もう一つは、自分のグループを作ったり自分の芸をもっと磨く事です。

D.H.ローゼンさん あと、「余韻」をアメリカでもやってみたいですね。いままで日本でしかやっていませんが、ニューヨークでも、パリでもいけるのではないかと思っています。

──へぇ! すると、第4回でしょうか?

渡辺さん そうですね、そうすると2011年になってしまうので・・・。

D.H.ローゼンさん 2012年くらいです。

──そうですか。今後ともご活躍のほど、楽しみにしております。
どうもありがとうございました。
記事一覧へ 1 2
太鼓・和太鼓
長胴太鼓について
太鼓修理
太鼓レンタル
宮本の職人と技術 太鼓
アーティストインタビュー
太鼓FAQ
無料相談受付中!  太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
instagram
ワークショップ 太鼓レッスンの最新情報はこちら オンラインショップで購入 ネットで太鼓商品をご購入頂けます。 ご相談・お問合せ 太鼓に関するご相談・お問合せはこちら 太鼓に関するご相談 TEL 03-3844-2141
ページの先頭へ