太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 太鼓・和太鼓 > アーティストインタビュー > 津村明男
アーティストインタビュー
津村明男 津村和宏 三宅太鼓の真髄を伝える
ページ01 ページ02
三宅太鼓の魅力は率直に何だと思いますか?
和宏さん 三宅の太鼓は、他の太鼓と違って一打一打を打ち抜くため、ごまかしが効きません。そんなところが好きです。
ごまかしが効かないということは、とても厳しい太鼓なのですね。
明男さん 生徒には、三宅の太鼓は一発一発打ち込んで、革の表面でなく、太鼓の内側から音を出すように指導しています。
和宏さんから見た代表(津村明男さん)は?
和宏さん 180年続いてきた三宅太鼓の形を今の形にしたのが代表です。三宅太鼓といえば代表の名前が出てくる。それは僕達が何十年経っても超えられる壁ではない。そこにたどりつくまで一生懸命稽古して、ちゃんとした三宅太鼓の形を見ている人に伝えていきたい。
和弘さんにとって、今後どんな太鼓を目指していきたいですか?
和宏さん もっといろんな人達に自分たちの太鼓を知ってもらいたい。そして代表の形をちゃんと受け継いで後世に伝えていきたい。兄弟三人とも同じ個性ではないので、次男、三男もそれぞれの違った個性を活かしいくと良いと思います。自分は代表の形をしっかりと受け継いでいきたいと思っています。
他の三宅太鼓以外の太鼓を見て、良いと思うことは何ですか?
明男さん これからの時代、いろんな目的、いろんな楽しみの太鼓があって良いと思います。今は昔と違ってこれをやってはいけないということがなくなりました。伝統芸能の人達は、伝統をしっかりと見極めてやらないといけないけど、創作太鼓の人達は、舞台に出ている有名な人達だけでなくて、自分達が舞台を楽しみながら、太鼓を通して様々なメッセージを発信するような団体が増えてくるといいですね。
和宏さんはいかがですか?
和宏さん 代表と同じような見方です。
昔に比べて女性の太鼓打ちが増え、いろいろな楽しみや目的を持って、様々な世代の人たちが太鼓を叩く今の状況は良い状況ですね。
明男さん そうなっていくような形を演奏者としてやっていかなくてはいけないと思っています。自分達だけが良いのではなくて様々な人達に太鼓を広めて、太鼓打ちを増やしていくということも自分達に与えられた課題だと思います。
それは私達にとっても課題だと思っています。
明男さん いろいろなところで自分たちの演奏を見て、勇気や元気をもらったと言ってくれる人が、今度は自分達もやってみたいと思ってくれたり、太鼓で日常のストレスを解消するのも俺はありだと思いますよ。他の楽器に比べて、とっつきやすいところが太鼓の良いところだと思います。
宮本卯之助商店もいろいろなユーザーに喜んでいただける太鼓を作っていかなくてはいけないと思っています。ところで津村さんにとって良い太鼓打ちとはどんな太鼓打ちを言うのでしょうか?
明男さん 私は太鼓そのものを活かすような打ち方をしているのが良い太鼓打ちだと思います。
太鼓は自分達のところにくるまでにたくさんの人が携わっています。それを私たちがどうやって活かすことができるのか。太鼓は私たちのところに来るまでにすでに芸術品になっています。それをしっかり活かすことができなければちょっと違うのだと思います。だから太鼓革を床に直置きしてるような太鼓打ちは違うと思います。はっきりいって直置きしていては太鼓を活かしていないと私は思います。少しでも革を浮かすために太鼓台があるのです。そういう叩き方をしている人を見ると太鼓打ちじゃないと思います。
太鼓が一番良い響きを出せるような演奏をして、一番良い響きを聞いてくれる人に届けるということですね。
明男さん そう、それが俺の仕事だと思っています。
逆に太鼓という楽器の難しさはどんなところにあると思いますか?
明男さん その太鼓に合わせた「良い音」を鳴らす打ち方ができるかどうかが、難しいところだと思っています。革が緩んでしまった太鼓を地方で叩いたりしたときに思うのですが、音が出ないと言われる太鼓を、叩き方を変えることで、その持ち味を引き出していく。それぞれの太鼓が持つ持ち味を存分に引き出して行くような叩き方ができると良いなと思っています。
和宏さんはどうですか?
明男さん 太鼓によってどこを叩けば良い音が出るというようなポイントがあります。ポイントが少しでもずれると良い音は出ません。教室では太鼓と喧嘩をするのでなく、太鼓の力を出してあげるような叩き方をしないと太鼓本来の持ち味は出せないと教えます。
宮本の太鼓の印象はどうですか?
明男さん 宮本さんの太鼓は深みのある音がします。また張替をお願いするときも、現場に顔を出して音を確かめられるのでありがたいです。

和宏さん 祭で叩いたときに感じたのですが、祭に合う音だなと思います。祭りのときの雰囲気があると思います。

明男さん 宮本さんは神輿も製作されていて神輿を盛り上げる太鼓を作っている。
三宅太鼓のファンの皆様やこれから始めたいと思っている方に一言お願いします。
明男さん 何しても一回体験してみてください。やってみないとわからないことが多いますので、一度触れてみて欲しいと思っています。それから肌に合う合わないもありますからね。

和宏さん 来る方はそれぞれ目的が違うと思う。その入り口は違うのかもしれないけど、肌を通して感じる太鼓の魅力は同じだと思います。是非一度体験していただきたいと思います。

津村明男氏 三宅太鼓ワークショップ 近日開催!!

祭の雰囲気を伝える三宅太鼓を貴方も習ってみませんか?
三宅太鼓ワークショップ待望の開催です。ふるってご参加下さい。

  • 日時:平成22年8月1日(日)
  • 場所:宮本スタジオ Dスタジオ
  • お問合せ先:宮本スタジオ 03-5601-1661
  • 平日  12:00~22:00
  • 土日祭 10:00~22:00

*料金など詳細は近日アップ予定。

記事一覧へ 1 2
太鼓・和太鼓
長胴太鼓について
太鼓修理
太鼓レンタル
宮本の職人と技術 太鼓
アーティストインタビュー
太鼓FAQ
無料相談受付中!  太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
instagram
ワークショップ 太鼓レッスンの最新情報はこちら オンラインショップで購入 ネットで太鼓商品をご購入頂けます。 ご相談・お問合せ 太鼓に関するご相談・お問合せはこちら 太鼓に関するご相談 TEL 03-3844-2141
ページの先頭へ