太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 宮本ブログ > たいへんよくできました!!
宮本ブログ
2016年4月22日
たいへんよくできました!!

皆さん、お久しぶりです。

今日は、「自分で自分を褒めてあげたい!!」と思ったお話です。

現在、今年の9月にお納めする赤坂氷川神社様の猿山車製作を進めています。

六角形の行燈と勾欄の珍しい江戸型山車、古い化粧部材の味を生かしつつ

長くお使い頂けるようしっかり復元して行きたいと思っています。

 

仮組の日は、天気も良かったので逆光ですがスカイツリーとツーショットを撮ってみました。

 

saru (5).jpg

 

残すところは、幕類と源氏車。

昨日、倉庫から源氏車の達磨になる欅の芯棒を持ってきました。

 

saru (13).jpg

 

この材は、今から6年前の平成22年2月に長胴太鼓を貫いた時にその芯を取っておいたものです。

 

saru (15.5).jpg

 

ほぼ赤身なので、太鼓にしようと思えば1尺2寸くらいのお囃子用長胴にはなるのですが、

なんだか変な胸騒ぎがして貫かずに取っておきました。

予感が的中した!!と思ったのは、平成26年7月 氷川神社様から猿の山車を復元したいと伺った時でした。

すぐさま材料に 「猿山車用使用禁ず」と書いてしまいました。

 

saru (16).jpg

 

貫いた直後は50%以上有った含水率も15%程度まで下がり、もう何時加工しても大丈夫です。

 

saru (23).jpg

 

まめに気に掛けて良く面倒をみていたお蔭で、芯割れ一つ無く最高の状態の材料になりました。

 

saru (18).jpg


ここからは、赤坂氷川神社様で結婚式を挙げた上杉君が木取り、釜金の取付を行っていきます。


saru (22).jpg


上杉君も氷川様の仕事には思い入れが強いようで、丹精込めて良い源氏車が出来る事間違いなしです。


saru (27).jpg

 

今日の作業はここまで、気が向いたらまた続きを書きたいと思います。

以上、予想以上に上手く乾燥させることが出来て「自分で自分を褒めてあげたい!!」と

思ってしまった製造本部長 浅野浩章でした。



 

最新の記事
無料相談受付中!太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
ページの先頭へ