太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 太鼓・和太鼓 > 太鼓FAQ
太鼓FAQ
ページ01 ページ02
01 取扱い・保管
太鼓の保管方法を教えて下さい。
直射日光を避け、風通しの良い場所に保管して下さい。
太鼓は寝かせた状態にするなど、革面を地面に着けないで保管して下さい。革面への傷や緩みにつながる可能性があります。革面を下にして保管される場合は桟などを敷く事をお薦めします。専用の太鼓ケースやカバーに入れての保管をお薦めしますが、お持ちでない場合は毛布などをかけておくことで外気からの影響を抑える事ができます。
革が濡れた際の対応
早急にタオルなどの柔らかい布で革面・胴を拭いて下さい。
タオルで拭かれた後は、太鼓を横に寝かし、風通しの良い場所で保管して下さい。雨に濡れたまま放置しますと、カビ発生の原因になります。
太鼓革保護のためのクリームなどはありますか?
特にありません。
必要以上の油分は太鼓革の緩みの原因となりますので、革にクリーム等を塗ることはお勧めしておりません。
締太鼓の締め方のポイントを教えて下さい。
革を長持ちさせ、均等な音が出るようにするためには革を均等に伸ばすことが大切です。
桶締太鼓や附締太鼓など締めたり緩めたりする太鼓では、胴と革の中心を合わせる、一方向からばかり締めず、締め始める場所を変えるといったことが必要となります。
締太鼓は使い終わったら緩めたほうが良いですか?
はい。
使用後締めたままにすると革が伸びてしまうので、長持ちさせるためには使用後こまめに緩めることが大切です。
※修理の見積りは無料で行っておりますのでお気軽にお申し付けください。
 電話でのお問い合わせ時には上記の寸法の測り方を参照してください。
※革張替え修理には通常一ヶ月程いただいております。
 シーズンによって時間がかかる場合もございますのでお早めにご連絡ください。
※胴削り直しには、削り直すのに十分なだけの胴の厚みが必要です。
太鼓・和太鼓
長胴太鼓について
太鼓修理
太鼓レンタル
宮本の職人と技術 太鼓
アーティストインタビュー
太鼓FAQ
宮本の技
無料相談受付中!  太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
ワークショップ 太鼓レッスンの最新情報はこちら オンラインショップで購入 ネットで太鼓商品をご購入頂けます。 ご相談・お問合せ 太鼓に関するご相談・お問合せはこちら 太鼓に関するご相談 TEL 03-3844-2141
ページの先頭へ