太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 修理 > 神輿の修理
修理
神輿の修理

神輿師によって製作された神輿は定期的な修理を行うことで永くお使い頂くことができます。祭礼の頻度などにもよりますが、通常製作より10年〜15年での締め直し修理と20年〜25年での総修理をお薦めしております。

総修理とは、全ての金具、彫刻を外し、漆を剥して木地から締め直し、破損箇所の新規製作などを行った上で、金具の再鍍金、漆の塗り替えを行い新品同様に修復する修理です。

お神輿修理のお見積もりについては無料出張致しますのでご遠慮なくお問い合わせ下さい。

修理の実例はこちら
漆剥がし〜漆塗り

修理工程でも最も手間の掛かる作業の一つが漆に関わる部分です。

  • 旧漆は全て剥がした後、漆塗り修理を行います。
  • これは木地の締直しを確実に行い、神輿の寿命を長くするためのものです。
  • また木地の状態から下塗りから上塗りまでを行う事で、塗りもより強固になり、長持ちします。
  • 漆塗り工程には約3ヶ月がかかります。
木地修理

木地は外見からは分かりにくい部分ですが、構造に関わる重要な部分です。

  • 木地は経年変化で痩せて、隙間などが出来ていることがあります。
  • また長年の祭礼によって破損していることがあります。
  • 宮本では漆を剥がした状態で木地の痩せ具合を補うように締め直しを行い、欠落部分などは新たに製作致します。
金鍍金修理

金具の修理と鍍金によって神輿に輝きが戻ります。

  • 取り外した金具は型直しを行い、破損しているものは修理、不足しているものは新規に制作致します。
  • 金具類は既存の鍍金を全て剥がし、地金の状態から24金を直に付けるため、本金鍍金ならではの光沢と艶を放ちます。
金箔押し、金具取付〜組立

金箔押し、金具取付、組立てを経て神輿の修理が完成します。

  • 3ヶ月程をかけて下塗り、中塗、上塗りと塗り重ねて、仕上げは磨いて艶を出す呂色仕上げとなります。
  • 彫刻、金具、木地と全ての作業を経て、約2000点の部品を組み上げて神輿の修理が完成します。
彫刻類極彩色塗り直し

退色してしまった極彩色を岩絵の具塗料にて塗り直し、製作当時の鮮やか輝きに仕上げます。

  • 堂彫刻類に施されている彩色を全て取り除き、岩絵の具(鉱石からできた絵の具)を使用して、既存仕上げを見本とし極彩色を復元致します。
  • 堂彫刻には四神(東 青龍、西 白虎、南 朱雀、北 玄武)・獅子・登龍降龍・鶴・十二支が施されています。
修理の実例をご紹介します。
宮本の技 「太鼓・神輿の修理」
宮本の技「太鼓/神輿の修理」は、宮本の職人が日々てがけている
太鼓や神輿などの修理について発信するブログです。
普段見られない修正作業の舞台裏を写真とともに、修理の実例をご紹介します。
神輿の修理
太鼓・和太鼓の修理
神輿の修理
その他の修理
修 理
太鼓・和太鼓の修理
神輿の修理
その他の修理
修理実績 一覧
宮本の技
無料相談受付中!  太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
ページの先頭へ