太鼓・和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタル|宮本卯之助商店

太鼓・和太鼓・神輿の宮本卯之助商店
ご相談・お問合せ
ENGLISH
オンラインショップ
ホーム
太鼓・和太鼓
神輿
祭り用品
神具
太鼓・神輿レンタル
修理
会社情報
ホーム > 修理 > 久富稲荷神社様神輿修復(4)
修理
神輿の修理
2011年5月11日
久富稲荷神社様神輿修復(4)

今回は漆塗りを剥がした木地を修理する工程を紹介します。

まず、木地を解体して行きます。

IMG_2418.jpg

 野地板を剥がすと屋根の骨組みが出てきます。

弊社の総修理では、表面的な部分だけではなく、構造の根本から修理をしていきます。

IMG_2429.jpg

長く渡御された木地はもろくなったり、欠けていたりと状態は一基ごとに異なります。

個々の神輿に合わせた最適な木地修理を選択していくのも職人の経験によります。

IMG_2428.jpg

下は完全に野地板がはずれた状態の構造部です。

神輿の構造部の作りも神輿師によって異なるので、宮本製神輿の修理と他社製の神輿の修理では

修理方法が異なります。

久富稲荷様のお神輿は他社製ですので、宮本の基準に照らして安全で長持ちするように修理方法を決定します。

IMG_2480.jpg


 

解体して壊れた木地を新しい木地に作り変えて組み立てて行きます。

 

IMG_2502.jpg

傷みの激しい部品は新規に制作しながら、古い部材をなるべく生かし修復していきます。

何でも新しい部材に変えるのではなく、なるべく生かすという発想が、日本の先人達の知恵だと思います。


IMG_2492.jpg

 写真は野筋、露盤の部分。老朽化が激しかったので新規に製作していきます。

IMG_2503.jpg

次は蕨手部分。

このお神輿は木製の蕨手に真鍮板を巻く、巻蕨手です。

IMG_2601.jpg

屋根以外の部分も同じように直していきます。 

IMG_2584.jpg

 写真は台輪部分。

割楔(わりくさび)抜き、幕板を一度解体、臍の調整をして、再び組上げ新しい割楔で固定していきます。

神輿製作を専門とする職人が製作したお神輿は、この様に主要構造部分には釘を使わずに製作されています。

そうすることで、何度でも解体、組立てが可能で、木材の経年変化や修復に対応出来るのです。

 IMG_2589.jpg

 これは勾欄部分。

一番上の段(架木)のみを新しくしています。

勾欄は、横材を下から地覆(じふく)、平桁(ひらげた)、架木(ほこぎ)と言い

地覆から架木を支える縦材を斗束(とづか)、中間で平桁だけを支える材をたたら束(たたらづか)と言います。

IMG_2591.jpg

IMG_2595.jpg

 上の二枚は囲垣部分の修理です。

ここも劣化の激しい部材を新規製作して組み立てていきます。

 IMG_2600.jpg

 最後は勾欄台。

このように神輿の木地を復元修理を施してから塗り塗りの工程に進んで行きます。


次は塗りの工程です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太鼓・和太鼓の修理
神輿の修理
その他の修理
修 理
太鼓・和太鼓の修理
神輿の修理
その他の修理
修理実績 一覧
宮本の技
無料相談受付中!  太鼓・神輿・祭り用品等の ご相談はこちら
イベント開催のご案内
太鼓・和太鼓の製造・製作・修理 販売・レンタル・張替えの事ならお任せください。
株式会社 宮本卯之助商店
営業部・西浅草店
東京都台東区西浅草2-1-1
0120−354041(みこしわっしょい)
TEL : 03-3844-2141
FAX : 03-3842-6730
twitter
facebook
ページの先頭へ